男女
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 医療系の仕事で独立する

医療系の仕事で独立する

相談

骨折やねん挫治療の専門家

独立系の仕事の中でも特に安定性が高いと言われているのが、弁護士事務所や開業医など、専門資格を持った者だけが開業できる職種です。景気の動向等に左右されず常に一定の需要がありますし、社会的地位も確立されています。整骨院もまた、そうした専門性の高い業態の1つです。整骨院はまたの名を接骨院といい、俗称ではほねつぎなどとも呼ばれています。骨折や脱臼、ねん挫など骨や筋肉などの故障に係る治療を専門に手がける施設です。青少年のスポーツ障害から高齢者の機能回復訓練まで幅広い分野を対象とすることから、極めて需要の高いビジネスです。ただ、当然のことですが自由営業を基本とするため同業者間の競争があります。ビジネスとして成功させるには、常に経営努力を怠らないよう注意する必要があります。

成功には経営戦略が必要

整骨院を開業できるのは、柔道整復師という国家資格を持った者です。柔道整復師の資格は大学や専門学校等で必要な知識や技能を学び、国家試験に合格した者に与えられます。柔道整復師の資格を得た者は、いつでも整骨院を開業することができます。ただし先にも述べたとおり、いくら専門性が高いとは言え競争原理が働くことから、誰もが成功するとは限りません。そこで最近では、開業支援を専門に扱うコンサルティング事業者などを利用して、立地や資金計画、広告宣伝などに関するノウハウの提供を受けながら開業準備を進める人が増えてきています。また、実績のある整骨院に就職して経験を積んだ後、分院という形で独立するケースもしばしば見受けられます。